職場環境次第で効率アップ!

女性のエンジニアの定年の悩みとは

女性のIT関係で働くエンジニアは、今ではすっかり珍しい存在ではありません。
新卒で男性同様に働いている人、就職をする人はどんどん増えています。
男性の職場と思われていたこの世界でも、男女両方が働きやすい環境の構築が進行しています。
そのため20代のうちは仕事に集中し、自分のスキルをどんどん挙げていく女性もいます。

ただし一つの壁として、30歳という年齢を壁と考える女の人もいます。
女子社員の多くは、結婚や出産を人生の一大イベントと捉えて、一つの転機にする人もいます。
20代のうちは仕事をバリバリこなしていても、結婚したら家事をすることも増えることになるでしょう。
この職種で長時間働くことが難しい、更に出産した場合は、産休を取得することはもちろん育児休暇も必要となるので、エンジニアでキャリアを積み重ねていくことが難しくなる人も多いのです。
そういった女の人特有の悩みを持つ人は多く、また育児休暇をきちんと制度化して復帰できる職場環境はまだ多くはありません。

30歳という年齢を一つのタイミングとして、キャリアの転換を図る人も多いのです。
こういった悩みを解決するには、時短勤務制度の導入や、育児休暇の制度化、また過剰な長時間労働を無くすことも必要となります。
更に、男性が育児休暇を取得できれば、妻、母のみに育児の負担が偏らないようにもなります。
30歳、もしくは35歳が女性エンジニアの定年だと悩む人も多く、その労働環境や制度の改善が望まれています。
そんな女性エンジニアの方に、是非参考にしてもらいたいサイトがありますのでURLを貼っておきます【http://feelengineering-woman.com/