職場環境次第で効率アップ!

仕事環境は大事!女性エンジニアの悩み

社員としてエンジニアという道を選ぶ時に、女性ならではの視点で会社を選ぶことは大切です。
よく考えないで選ぶと、想像と実際の仕事とのギャップに苦しみ、ストレスや悩みを抱えたまま身体がボロボロになってしまうことがあるからです。

持つべき視点としてはまず、子育てをしながらも管理職についている社員がいるかどうかです。
会社の人事から「社内では多くの女性が働いている」と言われたとしても、入社すると実際には男性と同じ仕事をこなし毎日遅くまで残業をしているという状況があります。
男性と同じ仕事量だとどうしても体力的に難しいものがあり、また育児をしている女性にとっては子供の用事や病気に対して早退しなくてはいけない状況に陥るでしょう。
しかし、育児をしている管理職であれば、仕事の割り振りにおいて配慮してくれ、また社内で理解を得ることも簡単です。
人数よりも「上司に理解者がいること」を知ることは、自分のライフステージを考えた上でも参考になります。

そして、会社の評価制度、仕事スタイルについて考えることも大切です。というのも、エンジニアの世界は男性意識が強く、男性基準の評価になりがちだからです。
妊娠中の人や育児中の人には、時短勤務を取り入れなければ働くことが難しいのに対し、エンジニアの世界では残業が美徳という文化も根強いため、良い評価をしてもらえないということがあります。
各ライフステージに応じた評価、働き方を認めているかどうかを知ることも大切です。